MENU

オリゴ糖の製造方法とは?

オリゴ糖の製造方法は、いくつか種類があるのをご存知でしょうか。
オリゴ糖自体にもいくつか種類があり、代表的なものがフラクトオリゴ糖です。
玉ねぎやごぼう・アスパラガスなどの野菜や、バナナ・はちみつにも含まれています。
この糖の製造方法は人工的に作ることも可能で、その場合はショ糖を原材料とします。
ショ糖にβーフラクトフラノシターゼとグルコースイソメラーゼという物質によって酵素反応を起こし、転移させることで混合液を生成して分離すると完成します。
またこれと近い性質を持つガラクトオリゴ糖は、ただ一つの動物性を原材料とします。
赤ちゃんの栄養となる母乳や牛乳の初乳に含まれ、人工的に作り出す際の製造方法は、乳糖を原材料として酵素の反応を活用して生成します。
このときβーガラクトシダーゼを使用するために、ガラクトという名前がつきました。
他にも工業的製造方法として、砂糖を原料として発酵によってフラクトオリゴを作り加熱殺菌して製品となるものや、微生物を利用発酵させでんぷん・砂糖・乳糖を原料として合成する方法もあります。
また、酸やアルカリで糖を異性化する製造方法も存在していますので、いま使っているオリゴ糖がどんな作られ方をしているか調べてみることも良いでしょう。

 

 

 

オリゴ糖のメリットとは何?

オリゴ糖とは糖類の一種であり、もともとオリゴという言葉がギリシア語で「少ない」という意味を持っていたため、少糖類と呼ばれることもあります。
このオリゴ糖の特徴として最も大きいのは、胃で消化されづらいということであり、またこのオリゴ糖は腸内の善玉菌の栄養として非常に有効に機能することも特徴になります。
善玉菌とはビフィズス菌に代表される腸の中に存在する菌のことであり、この菌が腸のなかで働いていることで人の健康が整えられます。
しかし現代の食生活、特に西洋的な肉を中心とした食生活では善玉菌と対をなす悪玉菌のほうが盛んに活動してしまうことが多く、そのために便秘などの症状を抱えている人が少なくありません。
そこでオリゴ糖を定期的に摂取するようにすると、腸の中の善玉菌が増えやすく、活動しやすくなるため、悪玉菌が増えることで生じるさまざまな問題を解決することが期待できるようになるわけです。
また腸の中に悪玉菌が多く存在していると、便秘だけではなくニキビや精神的な不安感、また抵抗力の低下といった問題が引き起こされることも明らかになっていますから、「オリゴ糖とは腸内環境を整えて、全身の健康を後押ししてくれる存在だ」と言い換えることもできるでしょう。

 

 

 

オリゴ糖を摂るとガスが溜まるのはなぜ?

オリゴ糖を摂るとガスが溜まる原因は2つ考えられます。
一つ目は、腸内の悪玉菌がオリゴ糖をエサにして増殖し、ガスを発生させるからです。
オリゴ糖は腸内細菌のエサとなります。
乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌はエサを食べて増殖し、腸内環境を改善してくれるはたらきがあります。
その結果、便秘や下痢の改善につながります。
しかし、オリゴ糖は善玉菌だけのエサにはならず、悪玉菌もエサとして利用してしまいます。
エサを食べた悪玉菌は増殖し、有害物質やガスを発生させることで、お腹が張ってしまう他、体の不調の原因になってしまいます。
二つ目は、腸内で善玉菌と悪玉菌の争いが起こるからです。
今までオリゴ糖をあまり摂っていなかった人などが摂取した場合、善玉菌が活発にはたらき始めます。
悪玉菌に制圧されていた善玉菌が悪玉菌と戦い始めた時に、その影響でお腹がゴロゴロしたり、お腹が張ったりします。
しかしお腹の張りやゴロゴロは、1〜2週間ほどで改善されると言われています。
腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスも整い、おならのにおいが減ったり、バナナ状の便が出たりするようになります。
おなかの張りやゴロゴロが我慢できるようであれば、2週間ほど摂り続けてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

オリゴ糖を料理に使うメリットは?

オリゴ糖を料理に使うと、毎日の食事で規則正しく摂取することができ、砂糖と置き換えることによって、ダイエット効果があるというメリットがあります。
オリゴ糖はカロリーが低いため、ダイエット効果を期待することができます。
ブドウ糖は1グラムあたり、およそ4キロカロリーですが、オリゴ糖のカロリーはブドウ糖の約半分の2キロカロリーになります。
コーヒーやお料理に使っていた砂糖から置き換えるだけで、飲み物や食事のカロリーを少なくすることが可能で、ダイエットの効果があることになります。
オリゴ糖を摂取する場合は、食事のときに摂取するタイミングが良いとされています。
食事のときに別の食材と一緒に摂取すると、しっかりとオリゴ糖が腸の中まで届いて善玉菌の栄養素の役割を果たしてくれます。
お料理に加えて摂取するのが良い方法の一つです。
そいて、寝る前に摂取すると翌朝の便通が改善されるという人も少なくありません。
便秘の症状がある人は寝る前に摂取するのも良い方法の一つです。
ただし、このような効果は人によって差があるため、自分に合っているタイミングを探し出して摂取するのが最も良い方法になります。
食事のときや寝る前だけでなく、食間や食前、おやつのときなど色々なタイミングで試してみるのが良い方法です。

 

 

 

効果を得るにはいつ飲むのが最適?

オリゴ糖の効果を最大で引き出すには、いつ飲むのが良いか悩ましいことです。
オリゴ糖の効果には腸内環境を整え便秘を解消したり、ミネラルの吸収を高めたり、動脈硬化の予防や美肌・アトピーなどのアレルギーを改善する効果も期待されています。
ではこれらの効果を引き出すには、いつ飲むか。それは食事中に摂取するのが理想です。
食事をしながら摂取することで他の食品と共に身体に入り、オリゴ糖がしっかりと腸内にまで届けられるのです。
そして善玉菌のエサとなり、腸内に溜まった老廃物を排出する働きをしてくれます。
特に便秘に悩んでおられるなら、夜就寝前に摂ることで翌日のお通じが良くなるといわれます。
それでも効果の現われ方には個人差があります。
いつ飲むか、朝食・昼食・夕食・食前・おやつ・寝る前など、ご自分に合った時間帯を見つける必要があるでしょう。
さらに虫歯の原因となるミュータンス菌のエサになりにくいとされていますので、寝る前にハーブティに入れて飲んでも大丈夫。
ラフィノースが一番、虫歯になりにくいオリゴ糖といわれています。
ダイエット効果を狙うなら、砂糖の代わりにカロリーの低いフラクト・乳糖・大豆オリゴ糖を使うことをおすすめします。

 

 

 

関連性があるウェブサイトの紹介

オリゴ糖について色々と解説していきました。
オリゴ糖には実に様々なメリットがありますが、そのうちの一つとして便秘に効果的というのがよく知られています。
もしあなたがお通じでの悩みがあるなら、1つウェブサイトを紹介したいと思います。